【競馬予想】薄井しお里のアナグラ競馬予想…有馬記念・ G1

 こんにちは!薄井しお里です。
 12月は毎年忙しくなることが目に見えているのに、どうもこう余裕がなくなるのでしょう。もう来週は年が明けているなんて…。年々、時の流れが早くなっているように感じますね。
 今年はより競馬を楽しんだ一年でした。YouTubeでの動画での予想から文章に切り替わり、以前よりも競馬をデータや文字面で考察する時間が長くなり、ますます競馬が面白くなってきました。前半は予想もバンバン当たっていたはずなんですが、秋競馬後半あたりからか記憶に残るような派手な当て方ができてないような…。全てはこの有馬記念への道だったということにしましょう。
 私の競馬のスタート地点でもある有馬記念。1年間でもっとも緊張する予想ですが、馬トクデータを見ながら頑張ります。
 さて、今回私が選んだ本命馬は、クロノジェネシスです。連覇!あると思います。昨年の優勝でかなり貫禄を感じましたがまだ5歳なんですよね。前走の凱旋門賞こそ7着に終わりましたが、それはそれとしてあまり気にしませんでした。
 有馬記念への適性はもはや説明要らずですよね。意外にも中山での経験は去年の有馬記念のみなのですね。とはいえ右回りが得意で、距離も全く問題はないですね。
 凱旋門賞は想像を絶するタフな競馬だったので、体調が気になるところ。今回は中11週での出走ですが、外厩のノーザンFしがらきでしっかりリフレッシュできているので、心配していません。この馬はレース間隔をあけて結果を残してきたので、中11週はプラスですね。
 鞍上はルメール騎手。主戦の北村友一騎手がけがのため騎乗できないのは残念ですが、ルメールさんがどのようにクロノジェネシスを導くのかとても楽しみです。




 対抗はエフフォーリアにしました。馬トクの厩舎指数も調教指数も上げてきていますし、正直本命と悩みました。新馬戦からここまで順調に勝ち進んできましたし、中山でも好走しています。右回りも得意ですからね。中山が得意なロベルト系のエピファネイア産駒ということで背景にはシーザリオ(入れ替えるとザ シオリ)も絡んでいて私好み!ですね。2400でも2000でも器用に走れるタイプですし、注目されてるのにはそれなりの理由がちゃんとありますよね。ただ、有馬記念ともなると誰が勝ってもおかしくなく、データだけでは紙一重な部分もありとても悩みました。
 最後の決め手は馬トク指数です。今年何度も助けられましたし、馬トク指数を無視して後悔したこともありましたよ。今回は絶対に当てたいので馬トク指数で本命対抗を決めました。
 単穴は、タイトルホルダーです。これがまた面白い話で、ここだけの話、馬トクのAI予想がすごいことになってるんです。AI予想を見たらタイトルホルダー以外見られなくなりました。
というのも、馬トクのAI予想はここのところ特に凄くて、今年はAIの的中マークを何度見たことか。馬トク指数も高く、かなりこれは面白いレースとなりそうです。まだ3歳ですが、菊花賞を勝ったように長い距離に適性がありますね。中山での経験も豊富で、好走もしているので、かなり注目の馬ですね。
 ただ前走の13着が気になりますね。気性的に問題をかかえているので、皆様も不安視されますかね。あの時はマークされていたことと、直線でも進路がなかったと横山武騎手もコメントを残していましたよね。今回は兄の横山和生騎手が騎乗しますので、手綱さばきに期待したいですね。3歳ながらにして、実力は確かだと思うので、期待値は爆上がりです。
 というわけで、有馬記念の予想はこのようになりました。いやぁ、難解ですねぇ。現段階では、私の予想ほどオッズの割れはなく、予想の範疇です。とはいえレース直前には大きく動くでしょうね。それも含めて有馬記念。この予想が吉と出るのか大吉とでるのか!!!ドキドキしながら今年も楽しみます。
見たいぞ連覇!頑張れクロノジェネシス!



【薄井しお里の予想】
◎クロノジェネシス
〇エフフォーリア
▲タイトルホルダー
★アカイイト
△ステラベローチェ
△パンサラッサ
<馬券>(7)(10)(16)馬連3頭BOX、(7)軸(2)(9)(13)への馬連流し

【PR】
薄井しお里 3rdDVD 『桃肌天使』 薄井しお里 2ndDVD 『恋愛予報』

薄井しお里(うすい・しおり)
1990年5月28日、茨城県日立市出身。
R・I・P所属。4/20 1st写真集『シ・オ・リ』発売!

最新記事