菊花賞 - 馬トク秋華賞・菊花賞特集 無敗の3冠馬か 空前の波乱決着か IDMで出走馬大解剖

コントレイルは無敗の3冠馬となれるのか?

 過去の3冠馬との比較 日本競馬の長い歴史の中で、皐月賞、日本ダービー、菊花賞のクラシック3冠を達成したのは、セントライト(1941年)、シンザン(1964年)、ミスターシービー(1983年)、シンボリルドルフ(1984年=無敗)、ナリタブライアン(1994年)、ディープインパクト(2005年=無敗)、オルフェーヴル(2011年)の7頭。いずれも名馬が名を連ねる。ここでは同じサンデーサイレンス系のサイアーラインを持つ直近の2頭、ディープインパクト、オルフェーヴルと、能力指数IDMを用いて比較する。

IDMとは…馬トク指数算出の元になる各馬の能力指数。レースタイムを元に、馬場差やペース補正、それに出遅れ、レース中の不利、コースロス、馬場の悪い所を通ったなど記憶要素を元に算出している。馬トクではIDMをPDF出馬表「馬トクカラー大馬柱」の各馬の過去成績で確認出来ます。

コントレイルレース菊花賞神戸新聞杯ダービー皐月賞ホープフルS
IDM?73747464
オルフェーヴルレース菊花賞神戸新聞杯ダービー皐月賞スプリングS
IDM7470696561
ディープインパクトレース菊花賞神戸新聞杯ダービー皐月賞報知杯弥生賞
IDM7776766961

◆コントレイルは父ディープインパクト型

 コントレイルのIDMの推移を見ると、皐月賞の段階ですでに「74」と高水準。皐月賞の「65」から使うごとに数字を上げたオルフェーヴルとは明らかに傾向が異なっている。

 父でもあるディープインパクトとの共通点は見られるが、4月時点での完成度は父以上。2冠ともに2着のサリオスという好敵手に恵まれ、僅差の戦いを繰り広げたことも数字の押し上げにつながった。夏を越し、秋初戦の神戸新聞杯もダービーとほぼ同等の「73」だったことから、菊本番も高値安定の「74」前後の数字を叩き出しそうで、無敗での3冠達成の公算が高い。

◆コントレイル 父ディープインパクト、母ロードクロサイト(父アンブライドルズソング)。栗東・矢作芳人厩舎の牡3歳。北海道新冠町・株式会社ノースヒルズの生産。通算成績は6戦6勝。主な勝ち鞍は20年皐月賞・G1、日本ダービー・G1、19年ホープフルS・G1、東京スポーツ杯2歳S・G3。総収得賞金は5億2785万8000円。馬主は前田晋二氏。

能力指数IDMは馬トクのPDF出馬表でご覧頂けます。申し込みはコチラ。

◇菊花賞勝ち馬の前走指数から傾向を探る!

 基準として前哨戦で能力指数IDMが「70」以上であれば「菊花賞確定」印がつけられる。99年以降の勝ち馬を見ると、2005年のディープインパクトが神戸新聞杯で驚異の「76」。他にもナリタトップロード(1999年京都新聞杯2着)、オルフェーヴル(2011年神戸新聞杯1着)、サトノダイヤモンド(2016年神戸新聞杯1着)の3頭が「70」を出している。

 コントレイルが神戸新聞杯でマークしたのが「73」。史上8頭目の3冠馬誕生は確定的と断言していい数字だ。

馬名 菊花賞IDM 前走 着順 前走IDM
19 ワールドプレミア 71 神戸新聞杯 3 65
18 フィエールマン 72 ラジオNIKKEI賞 2 61
17 キセキ 68 神戸新聞杯 2 65
16 サトノダイヤモンド 75 神戸新聞杯 1 70
15 キタサンブラック 70 セントライト記念 1 58
14 トーホウジャッカル 70 神戸新聞杯 3 65
13 エピファネイア 71 神戸新聞杯 1 65
12 ゴールドシップ 70 神戸新聞杯 1 68
11 オルフェーヴル 74 神戸新聞杯 1 70
10 ビッグウィーク 65 神戸新聞杯 3 58
09 スリーロールス 67 野分特別 1 59
08 オウケンブルースリ 68 神戸新聞杯 3 63
07 アサクサキングス 66 神戸新聞杯 2 63
06 ソングオブウインド 68 神戸新聞杯 3 61
05 ディープインパクト 77 神戸新聞杯 1 76
04 デルタブルース 74 九十九里特別 1 59
03 ザッツザプレンティ 65 神戸新聞杯 5 64
02 ヒシミラクル 72 神戸新聞杯 6 59
01 マンハッタンカフェ 75 セントライト記念 4 63
00 エアシャカール 76 神戸新聞杯 3 66
99 ナリタトップロード 74 京都新聞杯 2 70
能力指数IDMは馬トクのPDF出馬表でご覧頂けます。申し込みはコチラ。

◇菊花賞過去5年1〜3着馬の本番、前哨戦の指数

 前哨戦から最も数字を上げて勝利したのは、2015年のキタサンブラック。セントライト記念1着時の「58」から本番「70」と、大きくジャンプアップしての戴冠だった。続くのが2018年のフィエールマン。ラジオNIKKEI賞2着時の「61」から「72」。3歳秋に急成長を遂げ、菊花賞を制した馬たちはその後、長距離路線での活躍が保証される。

 不良馬場で行われた2017年は、1着キセキ(66)、2着クリンチャー(64)、3着ポポカテペトル(63)は低水準。クリンチャーは前哨戦のセントライト記念9着時は「54」だっただけに、極悪馬場では何が来てもおかしくない事態になる。

 今年のセントライト記念1着バビットの「64」、神戸新聞杯2着ヴェルトライゼンデの「65」は、キタサンブラック、フィエールマン級の短期間での急成長を見込めば…届かない数字ではないが、春から「74」をマークしていたコントレイルの牙城は高い。2017年のような極悪馬場になればの望みは残るがさて…。

着順 IDM 馬トク指数 激走指数 激走指数 馬名 騎手 母父 前走 着順 IDM
2019 1 71 58 2位 53 3位 ワールドプレミア 武豊 ディープインパクト アカテナゴ 神戸新聞杯 3 65
2 73 51 6位 50 6位 激△ サトノルークス 福永祐 ディープインパクト Sadler's Wells セントライト記念 2 63
3 69 87 1位 55 1位 ヴェロックス 川田将 ジャスタウェイ Monsun 神戸新聞杯 2 67
2018 1 72 55 6位 51 6位 フィエールマン Cルメール ディープインパクト GreenTune ラジオNIKKEI賞 2 61
2 73 78 1位 54 2位 エタリオウ Mデムーロ ステイゴールド CactusRidge 神戸新聞杯 2 69
3 70 43 15位 48 13位 ユーキャンスマイル 武豊 キングカメハメハ ダンスインザダーク 阿賀野川 1 59
2017 1 68 60 2位 53 3位 キセキ Mデムーロ ルーラーシップ ディープインパクト 神戸新聞杯 2 65
2 64 42 17位 48 11位 クリンチャー 藤岡佑 ディープスカイ ブライアンズタイム セントライト記念 9 54
3 63 45 13位 48 9位 ポポカテペトル 和田竜 ディープインパクト MrGreeley 阿賀野川 1 58
2016 1 75 サトノダイヤモンド Cルメール ディープインパクト Orpen 神戸新聞杯 1 70
2 72 レインボーライン 福永祐 ステイゴールド フレンチデピュティ 札幌記念 3 68
3 70 エアスピネル 武豊 キングカメハメハ サンデーサイレンス 神戸新聞杯 5 61
2015 1 70 キタサンブラック 北村宏 ブラックタイド サクラバクシンオー セントライト記念 1 58
2 70 リアルスティール 福永祐 ディープインパクト StormCat 神戸新聞杯 2 64
3 69 リアファル Cルメール ゼンノロブロイ エルコンドルパサー 神戸新聞杯 1 67
能力指数IDMは馬トクのPDF出馬表でご覧頂けます。申し込みはコチラ。

馬トクの外厩データから逆転候補を探せ!

★ヴェルトライゼンデ
★ヴァルコス

 コントレイルは、自身初めてとなる在厩調整で菊花賞に臨む。あら探し的だが、コントレイルの不安点を上げるとすればこのレースまでの調整課程になるか。サートゥルナーリアのダービーやグランアレグリアのNHKマイルCなど、いくら強い馬でも初めて間隔を詰めた際には隙が生じるのだ。それでも神戸新聞杯は、競走によるダメージが最小限だと思える楽勝。仕上げに定評がある矢作厩舎なら、問題なく調整してくるはずだ。逆転を狙った馬券を構築するならば、長距離馬育成に定評がある馬トクのデータ「厩舎×放牧先」の組み合わせに注目だ。

 ダービー3着のヴェルトライゼンデは、「池江厩舎×ノーザンF系」なので、サトノダイヤモンド・サトノルークスと同様。池江厩舎はその厩舎力の高さから、ペルシアンナイトやアルアインの戦績のとおりに、社台グループ系育成馬でも2戦目以降で状態を上げてくる。コントレイルと比較しても距離適性ではこちらが上。神戸新聞杯から着差は縮められるとみる。

 ヴァルコスは「友道厩舎×ノーザンFしがらき」の組み合わせ。友道厩舎の菊花賞といえば、19年のワールドプレミア(1着)が記憶に新しい。その他にも17年のポポカテペトル(3着)に、18年のエタリオウ(2着)、ユーキャンスマイル(3着)と近年好成績を残している。特にエタリオウとワールドプレミアの2頭は前哨戦を使われて、本番でさらにパフォーマンスを上げた。ヴァルコスがこれまでに挙げた2勝はともに帰厩2走目。放牧明けのセントライト記念からは多くの条件が好転する。馬場適性的にも、小回りの中山よりも広い京都コース向き。人気もそこまで高くはならない予想で、必ず抑えたい穴馬だ。

外厩情報見るなら馬トク激走コース!。申し込みはコチラ。

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。