ホープフルステークスの予想のポイント

ホープフルSに出走するダノンザキッド
ホープフルSに出走するダノンザキッド

ホープフルステークスが26日、中山競馬場の芝2000メートルで行われます。予想のポイントは?

ホープフルステークスの出馬表

■クラシック候補が勢ぞろい!予想は末脚重視で

GⅠ昇格の効果もあって、サートゥルナーリア・コントレイルと、2年連続してホープフルS勝ち馬が皐月賞馬になっています。そして、今年もクラシック候補が集結。マイラーが集う朝日杯FSとはしっかりと線引きがなされ、中距離馬が揃った印象です。
クラシックで勝ち負けするような馬は、適性外の条件でも崩れることは少ないもの。中山2000mは内回りなので器用さを重視するのがセオリーですが、このレースでは何といっても素質将来性の評価が重要です。競馬場のコースは関係なく、他馬を圧倒するパフォーマンス、末脚を使えたかに着目するといいでしょう。阪神JFと朝日杯FSに続いて、このレースでもAI展開予想の「後半3F予想タイム」上位馬から馬券を組み立てたいところです。

◆20年2歳GⅠ3着以内馬の「後半3F予想タイム」とその順位
【阪神JF】
1着ソダシ→33.1②
2着サトノレイナス→32.9①
3着ユーバーレーベン→33.3⑦
【朝日杯FS】
1着グレナディアガーズ→34.6⑤
2着ステラヴェローチェ→34.5④
3着レッドベルオーブ→34.2①

「後半3F予想タイム」はAI展開予想コースでご覧いただけます。

AI展開コースの申し込みはコチラ

 

■ここ2年は人気馬決着 穴を狙うならば…

皐月賞馬が誕生した近2年はいずれも堅い決着でした。では穴馬ならばどんな馬がいいのでしょうか。

これまでホープフルSで好走した穴馬は、17年に8番人気で3着に入ったステイフーリッシュくらいです。同馬は12月に行われた新馬戦からの連戦。仕上指数が54ポイントながら、変化の矢印が斜め上を向いていました。たった1例ではありますが、「仕上指数が上昇している馬=状態の良さ」から穴馬を発掘してみるといいでしょう。もちろん、前走重賞組でも気配が上向いているのに越したことはありません。

仕上指数は馬トク激走コースでご覧いただけます。

激走コースの申し込みはコチラ

 

最新記事