中山金杯の予想のポイント

中山金杯に出走するヒシイグアス
中山金杯に出走するヒシイグアス

中山金杯が5日、中山競馬場の芝2000メートルで行われます。予想のポイントは?

中山金杯の出馬表

■斤量が重い人気馬を信頼

新年最初の重賞レースだけあって、今年の期待馬や重賞実績馬の出走と各陣営の鼻息は荒い。その傾向もあり2009年以降、斤量が57.5キロ以上の馬は5勝と好成績。2着は2回、3着は2回と馬券圏内にも入っており、人気があっても斤量が重い実績馬から軸馬を選びたいレースです。

 

■状態面には特に注意を

元日が全休日で、2日は全休日明けで調教を控える日。このことから、昨年末の内にある程度仕上げておき、新年に入ってからは調整程度に済ます陣営が、毎年多数見受けられます。「仕上指数」はこの影響を受けて低値を記録する場合がありますが、12月以降に出走歴がある馬なら気にしすぎる必要はありません。

「仕上指数」が低い放牧明けの馬は少々不安が募ります。これらは「厩舎指数」を参考に、「パドック+」の情報を待って直前まで取捨を待ちたいところです。

厩舎指数は馬トク激走コースでご覧いただけます。

馬トク激走コースとは?

■今の中山は時計の掛かる馬場

有馬記念が2分35秒0で決着したように、今の中山はとにかく時計が掛かります。使用コースがA→Cに替わるとはいえ、時計面が大きく変わることはないでしょう。

よって、持ち時計が2分以上の馬でも今年は大丈夫。実力が一枚劣る馬でも、ハンデ差と立ち回り次第では重賞制覇に届きます。馬トク指数で印が回っていない馬から、「内枠」「先行馬」「厩舎指数上位」の穴馬を探せるレースです。

中山金杯は馬トク激走コースで攻略しよう!

激走コースの申し込みはコチラ

 

最新記事