きさらぎ賞の予想のポイント

きさらぎ賞に出走するランドオブリバティ
きさらぎ賞に出走するランドオブリバティ

きさらぎ賞が2月7日、中京競馬場の芝2000メートルで行われます。予想のポイントは?

きさらぎ賞の出馬表

■今年は皐月賞と同じ2000m戦

例年京都1800mで行われるきさらぎ賞ですが、今年は中京の2000mに舞台を移します。左右の回りに違いはあるものの、皐月賞と同距離で行われることもあり、優駿が多く揃った印象です。

 

■3歳戦はやっぱりノーザンF育成馬

今年に入ってもノーザンF系の競走馬が好調。3歳重賞はシンザン記念のピクシーナイト、フェアリーSのファインルージュ、京成杯のグラティアスと3連勝中。特に外厩帰りの馬が好走する傾向にあります。となると今週もノーザンF天栄、ノーザンFしがらき帰りの馬を狙いたいところです。

外厩情報は馬トク激走コースでご覧いただけます。

馬トク激走コースとは?

■馬トク指数を見る際の注意

能力指数というものは、強い相手と戦うと高く出力されるものです。おそらく、前走でGⅠ3着のヨーホーレイクや、朝日杯FS7着のドゥラモンドが実績上位として出力されるはずです。

一方、ダノンジェネラルとディオスバリエンテのような1戦1勝馬は、まず高くは出ません。もちろん、この2頭の素質は相当で、ダノンジェネラルは抜群の末脚が使え、ディオスバリエンテは負かしたボーデンが先週圧勝しています。

このあたりは「GⅠで走った経験」か「未知なる素質」を取るかの競馬観によるでしょう。しかし、いずれにせよ、指数の高低だけでジャッジしないのが賢明です。

 

■今週も差し馬有利?

年始から続く中京競馬も今週が最終週。先週は雨の影響を受けていたとはいえ、馬場の中央から外を通った馬が良く伸びている印象を受けました。この馬場傾向が今週も続くようであれば、狙うは当然末脚の鋭い差し馬。クラシックレースで通用する決め手を備えているかを念頭に置いて予想を組み立てたいところです。

データとしてはAI展開予想の「後半3F予想タイム」「後進力」の上位に注目です。これらに上位騎手が騎乗していれば鬼に金棒です。

各馬の能力指数は馬トク激走コースでご覧いただけます!

激走コースの申し込みはコチラ

 

最新記事