皐月賞の予想のポイント

皐月賞に出走するエフフォーリア
皐月賞に出走するエフフォーリア

皐月賞が4月18日、中山競馬場の芝2000メートルで行われます。予想のポイントは?

皐月賞の出馬表

■理想は好位差し

先週日曜の中山メイン、春雷Sではジャンダルムが優勝。荒れた馬場の内側を避けた進路取りが印象的でした。そこから1週開催が進む皐月賞では、より馬場の内側が悪くなっている可能性も。そうなれば、前哨戦で展開や馬場の恩恵を受けた逃げ先行馬では、そう簡単には粘れないでしょう。

しかし、直線の短い中山コースだけに「最後方から大外一気」というのも考えづらいです。そうなると理想は好位差し。先行力と末脚性能の両方を合わせ持つ馬、AI展開予想の先行力、追走力上位馬が軸候補になるでしょう。

先行力、追走力はAI展開予想でご覧いただけます。

AI展開コースの申し込みはコチラ

 

■大レースでの外厩傾向はしがらき>天栄

桜花賞を制したソダシは須貝厩舎の管理馬。阪神JF後はノーザンFしがらきへリフレッシュ放牧に出ていました。この勝利で「しがらき」は、大阪杯のレイパパレに続いてGⅠを連勝。今年(放牧先から帰厩初戦で)13の重賞タイトルを獲得しています。

ノーザンFしがらきの重賞13勝の内訳はGⅠ2勝、GⅡ5勝、GⅢ6勝です。一方のノーザンF天栄はGⅢを8勝していますが、GⅠGⅡでは今年はまだ勝ちがありません。しがらき>天栄の傾向を活かすならば、しがらき帰りの単勝等を狙うのも一つの手でしょう。

外厩情報は馬トク激走コースでご覧いただけます!

馬トク激走コースの申し込みはコチラ

皐月賞の出馬表

 

最新記事