桜花賞の予想のポイント

■AI展開予想の追走力1位に注目しよう!

阪神外回りコースで行われる桜花賞では、前哨戦で豪快な追い込みを決めた馬が人気になりやすいです。しかし、桜花賞本番では後方一気の追い込みは案外決まりません。「後半3F予想タイム」や「後伸力」で突出した値を出せていれば評価できますが、それらも馬券的な妙味は薄め。後伸力だけ高いタイプは減点すべきでしょう。

狙うべきは「追走力」が優秀な馬です。グランアレグリア、レシステンシア、ソダシと上位人気ではありますが、近3年の桜花賞では追走力65ポイント以上の馬が毎年連対。GⅠのペースを楽に追走できることが、直線でのもう一伸びにつながるのです。追走力が65ポイント以上の馬は?AI展開コースは下記から購入できます。

■ラブリイユアアイズの状態は?

今回気になるのが阪神JF以来となるラブリイユアアイズの仕上がり。昨年は同ローテだったソダシとサトノレイナスによるワンツーで、令和の今なら間隔自体は問題ありません。

大事なのは厩舎×放牧先の成績。それを確認できる「外厩ズーム」タブでは、ラブリイユアアイズは馬名が赤文字になっているかどうかが取捨のポイントです。赤文字馬に推奨されているならば、中間に故障や頓挫があったわけでもなく、当初から狙ったローテだけに力を出せる可能性は高いと判断できます。ラブリイユアアイズは赤文字馬なのか?外厩ズームでチェックしましょう。外厩ズームは馬トク激走コースでご覧いただけます。購入は下記ボタンから。

 

最新記事