アフリカンゴールドが引退 主戦の国分恭介騎手が「ファンに申し訳ない」と話すレースとは

国分恭介騎手騎乗のアフリカンゴールド
国分恭介騎手騎乗のアフリカンゴールド

 JRAは2月29日、22年京都記念・G2に優勝したアフリカンゴールド(セン9歳、栗東・西園正都厩舎、父ステイゴールド)の競走馬登録を、同日付で抹消したことを発表した。

 21年10月のオクトーバーS(8着)で初めてコンビを組み、1戦(22年アルゼンチン共和国杯)を除いて手綱を執った国分恭介騎手=栗東・フリー=は「楽な競馬ができない中、毎回一生懸命、こっちの指示にこたえて、よく9歳まで頑張ってくれました。乗せ続けてもらって、関係者のみなさま、馬に感謝しかありません」とコメントした。

 思い出のレースは、23年3月の阪神大賞典・G2だという。単勝114・0倍の10番人気ながら2着ボルドグフーシュから首、首差の4着に逃げ粘ったが、「その日は寝れないぐらい、今までで一番悔しかったです。馬券に絡めず、ファンに申し訳なかったです。京都記念を勝たせてもらってから、馬券に絡めなかったのが心残りです」とファン思いの一面を見せる。

 今後は阪神競馬場の乗馬センターで第2の馬生を歩む。セン馬ということもあり、気が入りやすいタイプではあるが、「うまくいけば誘導馬になれますからね。これからの馬生が素晴らしいものになってほしい。ファンの方にも乗ってもらって、幸せになってほしいです。僕も(乗馬センターに)乗りに行きます」と相棒にエールを送った。(中央競馬担当・玉木 宏征)

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。