【東京スポーツ杯2歳ステークス展望】母にイルCS勝ち馬ブルーメンブラットを持つシュトラウスが中心

東京スポーツ杯2歳ステークスの登録馬。※騎手は想定
東京スポーツ杯2歳ステークスの登録馬。※騎手は想定

 第28回東京スポーツ杯2歳ステークス・G2が11月18日、東京の芝1800メートルで行われる。

 サウジラビアRC3着以来のモーリス産駒シュトラウス(牡2歳、美浦・武井亮厩舎)。母のブルーメンブラットはマイルCS勝ち馬だ。その前走はスタートが決まらず後方から、直線は先頭に並びかけたが伸び切れずに3着。返し馬から落ち着きがなく、レースでもスムーズさを欠いた形。ポテンシャルの高さは折り紙付きだけに、折り合いがつけば勝機十分。

 新潟・芝1800メートルの新馬戦を勝ったハーツクライ産駒最終世代のファーヴェント(牡2歳、栗東・藤原英昭厩舎)。勝ちっぷりには大物感があふれていた。東京の坂も気にはならない。

 単勝1・5倍に支持された中山・芝2000メートルの新馬を勝ったフォルラニーニ(牡2歳、美浦・手塚貴久厩舎)は近親にサトノダイヤモンドがいる良血。ルメール騎手は「スタートから真面目で、冷静に走ってくれました。能力がありそう」と評価した。2戦目でどんな競馬を見せるか。

 札幌2歳S6着以来のガイアメンテ(牡2歳、栗東・須貝尚介厩舎)、新馬戦の内容が良かったサークルオブジョイ(牡2歳、栗東・池添学厩舎)、シャンパンマーク(牡2歳、美浦・蛯名正義厩舎)にも注目。(大上」 賢一郎)

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。