【共同通信杯】ジャスティンミラノがデビュー2連勝で重賞初V 戸崎圭太騎手「強かったですね」

共同通信杯を制したジャスティンミラノ(カメラ・荒牧 徹)
共同通信杯を制したジャスティンミラノ(カメラ・荒牧 徹)

 クラシックへの登竜門に10頭が出走し、戸崎圭太騎手が騎乗した4番人気のジャスティンミラノ(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎、父キズナ)が、デビュー2連勝で重賞初制覇を飾った。1戦1勝の馬の共同通信杯Vは2022年のダノンベルーガ以来、2年ぶり。戸崎騎手は15年連続、友道調教師は14年連続のJRA重賞勝利となった。勝ち時計は、1分48秒0。

 1番人気だった昨年の2歳王者、ジャンタルマンタル(川田将雅騎手)は2着。3着に9番人気のパワーホール(田辺裕信騎手)が続いた。

 戸崎圭太騎手「攻め馬も乗っていないテン乗りでしたが、映像を見ていい馬だなと感じていました。乗りやすくて強い勝ち方をしてくれましたね。スタートが決まらなかったけど、ペースが遅くなりそうだったのでポジションを取りにいきました。手応えは十分にあったし、追ってからも味があります。強かったですね。乗りやすかったので、距離も問題ないと思います。キャリアも浅い中、強い内容で重賞を勝てて先々が楽しみです。これから活躍してくれる馬だと思います」

 友道調教師「新馬から間隔を空けて、しっかり乗り込んで動きが良くなったので楽しみもあったけど、メンバーも強かったので心配も半分でした。こっちが思っている以上に強いですね。新馬の時に比べればテンションが上がっていたけど、許容範囲でした。あの位置で折り合いもついたので、距離は問題ないと思います。日頃からテンションが上がりやすかったので、そこだけ気をつけていました。本当に調教の動きも(ダービー馬の)マカヒキ、ワグネリアン、ドウデュースと現時点では遜色ないです。状態を見て皐月賞へ直行します。(14年連続で重賞勝利)みんなが頑張ってくれていますからね」

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。