【ネオムターフC】キラーアビリティが2着死守 日本勢を封じた勝ち馬は元マンチェスターU監督の生産馬

O.オー騎手騎乗のスピリットダンサー(右)がゴール前抜け出す。キラーアビリティ(中)は2着。左は4着のルクセンブルク(カメラ・高橋 由二)
O.オー騎手騎乗のスピリットダンサー(右)がゴール前抜け出す。キラーアビリティ(中)は2着。左は4着のルクセンブルク(カメラ・高橋 由二)

◆ネオムターフカップ・G2(現地時間2月24日、サウジアラビア・キングアブドゥルアジーズ競馬場・芝2100メートル)

 【リヤド(サウジアラビア)24日=松末 守司】優勝賞金120万ドル(約1億6968万円)を狙った芝の中距離戦は、英国馬のスピリットダンサー(せん7歳、R.フェイヒー厩舎、父フランケル)が制した。同馬は、英国プレミアリーグ・マンチェスターユナイテッドの元監督で黄金時代を築いたアレックス・ファーガソン氏の生産馬。日本勢は2022年のオーソリティに続く2勝目はならなかった。勝ち時計は2分7秒10。

 日本からはクリスチャン・デムーロ騎手=イタリア=騎乗のキラーアビリティ(牡5歳、栗東・斉藤崇史厩舎、父ディープインパクト)が惜しくも2着に敗れている。ウィリアム・ビュイック騎手=ノルウェー=騎乗のスタッドリー(牡6歳、栗東・奥村豊厩舎、父ハービンジャー)は9着、ジョアン・モレイラ騎手=ブラジル=騎乗のハーツコンチェルト(牡4歳、美浦・武井亮厩舎、父ハーツクライ)は11着といずれも本来の力を発揮できなかった。

【動画】キラーアビリティが2着死守!…ネオムターフC


最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。