【サウジダービー】10着大敗サトノフェニックスのモレイラ騎手「キックバックを嫌がっていた。とても悔しい」

サトノフェニックス
サトノフェニックス

◆サウジダービー・G3(現地時間2月24日、サウジアラビア・キングアブドゥルアジーズ競馬場・ダート1600メートル=12頭立て)

 【リヤド(サウジアラビア)24日=松末 守司】坂井瑠星騎手騎乗のフォーエバーヤング(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎、父リアルスティール)が無傷の4連勝で制した。直線で外から力強く伸びると、先に抜け出したブックンダンノをゴール寸前ギリギリで差し切った。1着賞金90万米ドル(約1億2700万円)を獲得。同馬は藤田晋オーナーの所有馬で、前走の全日本2歳優駿・交流G1に続く重賞3勝目となった。勝ち時計は1分36秒17。

 日本馬によるサウジダービー制覇は、20年(当時はサンバサウジダービーカップ)のフルフラット、21年のピンクカメハメハに続く3頭目。ほかの日本勢は、サトノフェニックスが10着、セットアップが11着に敗れている。

 ジョアン・モレイラ騎手(サトノフェニックス=10着)「彼には厳しい競馬になってしまった。キックバックを嫌がっていました。とても悔しい」

 横山武史騎手(セットアップ=11着)「予定通りスムーズに前のポジションを取れましたが、残り500メートルで疲れてしまいました。ダートが合うと思っていましたが、もしかしたら見立てが違うのかもしれません。コンディションは良かったです」

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。