【新馬戦】ロータスワンドが逃げて初陣V 兄姉に続く函館2歳S勝ちへ中竹調教師「三匹目のどじょう狙いたい」

悠々と逃げ切ったロータスワンド(左)
悠々と逃げ切ったロータスワンド(左)

 11日の函館5Rの新馬戦(芝1200メートル)はロータスワンド(牝、栗東・中竹厩舎)が勝ち、兄姉に続く函館2歳S・G3(7月15日、函館)制覇に弾みをつけた。

 兄、姉の背中を追うように、同じ函館で一歩目を刻んだ。ロータスワンドが鮮やかな逃げ切り。兄姉に重賞ウィナー2頭を持つロードカナロア産駒がデビュー勝ちを飾った。「血統的にも期待されている馬ですし、いい結果で終われて良かった」と、藤岡佑も笑みを浮かべた。

 大外11番枠からのスタート。10番枠のベアゴーゴーがゲート入りを嫌がり、他の9頭がゲート内で待たされるなか、最後に入る“運”も生かした。好スタートを決めスピードに乗るとスムーズにハナへ。楽な手応えで直線を向き、力強い脚取りで最後まで先頭は譲らなかった。「デビューからビアンフェも任せてもらって、似ている部分が多くて懐かしいなと思いました」。鞍上は重賞3勝をマークした兄と重ね合わせた。

 次走は函館2歳Sに向かう予定。ビアンフェに加え、半姉ブランボヌールも制したゆかりの深いレースだ。母ルシュクル、兄姉も管理した中竹調教師は「余裕残しで使ったのでまだ良くなる。“三匹目のどじょう”を狙いたいね」と期待を込めた。受け継いだスピードで、この世代初の重賞ウィナーを目指す。(戸田 和彦)

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。