【チャンピオンズC】メイショウハリオは5着で中央G1初制覇ならず 浜中俊騎手「脚は使ってくれています」

引き揚げる5着のメイショウハリオ(カメラ・岩田 大補)
引き揚げる5着のメイショウハリオ(カメラ・岩田 大補)

◆第24回チャンピオンズC・G1(12月3日、中京競馬場・ダート1800メートル、良)

 G1馬7頭を含む豪華メンバーが集まった国内ダート王決定戦は15頭立てで行われ、単勝1番人気で坂井瑠星騎手騎乗のレモンポップ(牡5歳、美浦・田中博康厩舎、父レモンドロップキッド)が優勝。前走の南部杯に続くG1・3勝目となった。この勝利で2000年のウイングアロー、2011年トランセンド、2017年ゴールドドリームに続く史上4頭目(前身のジャパンCダート時代含む)となる同一年のフェブラリーS&チャンピオンズC制覇にもなった。坂井騎手は4度目のJRA・G1制覇だった。

 勝ち時計は1分50秒6。2着は12番人気のウィルソンテソーロ(原優介騎手)、3着は9番人気のドゥラエレーデ(ムルザバエフ騎手)だった。

 浜中俊騎手(メイショウハリオ=5着)「内枠だったのでポジションを取りたいと思っていましたが、今日はあそこまででした。年齢的なずぶさは感じましたが、脚は使ってくれています。勝った馬は総合力が高いですね」

 岩田望来騎手(ハギノアレグリアス=6着)「ゲートをしっかり出て、クラウンプライドの後ろの理想的なポジションが取れました。最後までよく頑張ってくれたのですが、外を回ったことや、前残りの展開になったのもあったと思います」

 幸英明騎手(メイクアリープ=7着)「競馬が上手で最後も伸びてくれています。控える競馬もできるようになっていますし、今後が楽しみです」

 松若風馬騎手(ノットゥルノ=8着)「ゲートで脚を滑らせてしまいました。もう少し前で競馬がしたかったのですが。ただ、最後もたれそうになったところから脚を使って踏ん張ってくれました」

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。