【チャンピオンズC】田中博康調教師、レモンポップの快挙に「とにかくほっとしています」

誇らしげな田中博調教師(中央)とレモンを掲げる関係者
誇らしげな田中博調教師(中央)とレモンを掲げる関係者

◆第24回チャンピオンズC・G1(12月3日、中京競馬場・ダート1800メートル、良)

 第24回チャンピオンズCが3日、中京競馬場で行われ、スポーツ報知コラムニストの坂井瑠星騎手(26)=栗東・矢作厩舎=が騎乗した1番人気のレモンポップが初距離、大外枠を克服し、前走の南部杯に続く逃げ切りでG1・3勝目を飾った。フェブラリーSとの同一年JRAダートG1ダブル制覇は史上4頭目。2着に12番人気ウィルソンテソーロ、3着にも9番人気のドゥラエレーデが入り、3連単190万2720円の波乱となった。

 激闘を終えた田中博調教師は「とにかくほっとしています。期待と不安が半々と言っていましたが、どちらかというと不安の方が大きかったです」と率直に明かした。レモンポップにとっては、1800メートルの克服が最大のポイント。いかに余力を残して走れるかをテーマに、調教に取り組んだ。「ギリギリまで攻めました。この1週間は大きな風船を触るような怖さがあった」。“究極仕上げ”が王者誕生につながった。

 この一勝で選択肢は大きく広がったが、指揮官は「(1800メートルは)パフォーマンスを最大限出せる舞台ではない」と冷静。連覇がかかるフェブラリーS、ドバイ・ゴールデンシャヒーンへの再挑戦など、国内外からベストな条件を模索する。

 田中博師はレモンポップで今年の根岸Sを制した重賞初制覇以来、1年もたたないうちに交流含めG1・3勝を挙げた。今週の香港国際競走には、いずれも有力馬のローシャムパーク、レーベンスティールがスタンバイ。37歳の新進気鋭トレーナーは、さらにその名をとどろかせていく。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。