【阪神5R・3歳未勝利】キタサンブラックの半弟シュガークンが初勝利 武豊騎手「全然余裕でした」

馬群を抜け出し、武豊騎手を背に1着でゴールするシュガークン(手前中央、カメラ・岩田 大補)
馬群を抜け出し、武豊騎手を背に1着でゴールするシュガークン(手前中央、カメラ・岩田 大補)

 2月24日の阪神5R・3歳未勝利(芝2000メートル=13頭立て)は、武豊騎手が騎乗した1番人気のシュガークン(牡、栗東・清水久詞厩舎、父ドゥラメンテ)が好位追走から早めに動いて4コーナーで先頭に並びかけ、そのまま抜け出して初勝利を飾った。勝ち時計は2分2秒8(稍重)。

 武豊騎手は「2戦目で馬もよくなっていたし、距離が延びて競馬がしやすかった。かなり能力がありそう。(最後も)全然余裕でした」と、ポテンシャルの高さを評価した。シュガークンの半兄はG1・7勝をマークした名馬、キタサンブラック。4日の新馬戦は1番人気で2着だったが、今回は兄が大阪杯を制した舞台で順当に勝ち上がった。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。