【中山11R・幕張S】ニシノスーベニアが5馬身差で楽勝 大野拓弥騎手「圧倒的なパフォーマンスを見せてくれた」

幕張Sを制したニシノスーベニア(カメラ・荒牧 徹)
幕張Sを制したニシノスーベニア(カメラ・荒牧 徹)

 2月24日の中山11R・幕張S(4歳上3勝クラス、芝1600メートル=11頭立て)は、3番人気のニシノスーベニア(牡5歳、美浦・上原博之厩舎、父ハービンジャー)が後続に5馬身差をつけて楽勝した。勝ち時計は1分33秒7(稍重)。

 道中は先団の内でじっくり脚をため、直線入り口で末脚が爆発。一気に後続を突き放し、坂上では流す余裕を見せるワンサイドな勝ち方だった。大野拓弥騎手は「具合がとにかく良かった。ペース、馬場の全てがかみ合って、圧倒的なパフォーマンスを見せてくれた」と高く評価。「どちらかというとパワー型。今日のような馬場は適性がある」と指摘し、タフな馬場状態であれば重賞でも楽しみな存在になる。

 上原博調教師は「中山は合っているし、体が絞れていい感じだった」と笑顔。次走はダービー卿チャレンジトロフィー(3月30日、中山・芝1600メートル)を視野に入れる。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。