【レッドシーターフH】日本勢4頭の最先着は5着エヒト…日本のG1馬と同じ名前のタワーオブロンドンが優勝

R.ムーア騎手騎乗のタワーオブロンドン(中)がエネミー(右)をゴール寸前で交わす。左は3着のジャベロット(カメラ・高橋 由二)
R.ムーア騎手騎乗のタワーオブロンドン(中)がエネミー(右)をゴール寸前で交わす。左は3着のジャベロット(カメラ・高橋 由二)
1周目のゴール前。 坂井瑠星騎手騎乗のリビアングラス(右)にアイアンバローズ(左)、エヒト(中)の「ジャパニーズフォーメーション」がペースを握る(カメラ・高橋 由二)
1周目のゴール前。 坂井瑠星騎手騎乗のリビアングラス(右)にアイアンバローズ(左)、エヒト(中)の「ジャパニーズフォーメーション」がペースを握る(カメラ・高橋 由二)

◆レッドシーターフハンデキャップ・G3(現地時間2月24日、サウジアラビア・キングアブドゥルアジーズ競馬場・芝3000メートル)

 【リヤド(サウジアラビア)24日=松末 守司】勝ったのは、59・5キロの斤量でライアン・ムーア騎手とコンビを組んだアイルランドのタワーオブロンドン(牡4歳、エイダン・オブライエン厩舎、父ガリレオ)。日本の19年スプリンターズS覇者と同じ名前の外国馬が、2022年ステイフーリッシュ、2023年シルヴァーソニックに続く日本馬の3連覇を阻んだ。

 日本からは川田将雅騎手騎乗のエヒト(牡7歳、栗東・森秀行厩舎、父ルーラーシップ)が5着に健闘。ほかはジョアン・モレイラ騎手騎乗のブレークアップ(牡6歳、栗東・森田直行厩舎、父ノヴェリスト)は9着、坂井瑠星騎手=栗東・矢作芳人厩舎=騎乗の逃げたリビアングラス(牡4歳、栗東・矢作芳人厩舎、父キズナ)が10着、クリスチャン・デムーロ騎手騎乗のアイアンバローズ(牡7歳、栗東・上村洋行厩舎、父オルフェーヴル)が12着と本来の力を発揮できなかった。 

【動画】日本勢は直線で力尽きる…レッドシーターフH


最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。