【中山9R・デイジー賞】エフフォーリアの妹イゾラフェリーチェが逃げ切りV 戸崎圭太騎手「スタート速かった」

デイジー賞を制したイゾラフェリーチェ(カメラ・荒牧 徹)
デイジー賞を制したイゾラフェリーチェ(カメラ・荒牧 徹)

 2月25日の中山9R・デイジー賞(牝馬限定、3歳1勝クラス、芝1800メートル=13頭立て)はG1を3勝したエフフォーリアを兄にもつイゾラフェリーチェ(牝3歳、美浦・鹿戸雄一厩舎、父サトノクラウン)が逃げ切り勝ちでオープン入りした。勝ち時計は1分50秒6(稍重)。

 好スタートから主導権を奪ってスローペースに持ち込み、直線も最後までしぶとく粘り込んだ。前走の未勝利Vはダートだったが、芝でも好パフォーマンスを披露した良血に、戸崎圭太騎手は「スタートが速くて、リズム良く、いい具合で走れていましたね。4コーナーで手応えもありましたし、こういう馬場でもバランスを崩しておらず、直線も伸びてくれました」と評価していた。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。