【中山記念】昨年覇者ヒシイグアスは同レース3勝目ならず11着 キング騎手「ラブリーな馬だし、馬場が良ければもっとやれる」

11着のヒシイグアス(カメラ・荒牧 徹)
11着のヒシイグアス(カメラ・荒牧 徹)

◆第98回中山記念・G2(2月25日、中山・芝1800メートル、稍重)

 1着馬に大阪杯(3月31日、阪神)の優先出走権が与えられるG2は16頭立てで争われ、7番人気のマテンロウスカイ(セン5歳、栗東・松永幹夫厩舎、父モーリス)が横山典弘騎手の手綱で好位追走から抜け出し、重賞初制覇を飾った。23日に56歳の誕生日を迎えたばかりの鞍上は、先月の京成杯(ダノンデサイル)に続く今年重賞2勝目で、自身の持つJRA最年長重賞勝利記録を更新した。勝ち時計は、1分48秒1。

 2馬身差の2着は10番人気のドーブネ(吉田隼人騎手)、さらに首差の3着は4番人気のジオグリフ(戸崎圭太騎手)だった。3連単は54万2050円だった。

 レイチェル・キング騎手(ヒシイグアス=11着)「よく馬は走っているが、馬場に泣かされた。空回りした感じの走りになっていた。ラブリーな馬だし、馬場が良ければもっとやれる」

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。