【中山記念】エエヤンは2番手追走から中山初黒星の13着  Mデムーロ騎手「馬の気持ちが切れていた」

13着のエエヤン(カメラ・荒牧 徹)
13着のエエヤン(カメラ・荒牧 徹)

◆第98回中山記念・G2(2月25日、中山・芝1800メートル、稍重)

 1着馬に大阪杯(3月31日、阪神)の優先出走権が与えられるG2は16頭立てで争われ、7番人気のマテンロウスカイ(セン5歳、栗東・松永幹夫厩舎、父モーリス)が横山典弘騎手の手綱で好位追走から抜け出し、重賞初制覇を飾った。23日に56歳の誕生日を迎えたばかりの鞍上は、先月の京成杯(ダノンデサイル)に続く今年重賞2勝目で、自身の持つJRA最年長重賞勝利記録を更新した。勝ち時計は、1分48秒1。

 2馬身差の2着は10番人気のドーブネ(吉田隼人騎手)、さらに首差の3着は4番人気のジオグリフ(戸崎圭太騎手)だった。3連単は54万2050円だった。

 津村明秀騎手(マイネルクリソーラ=5着)「とてもいい馬ですが、ゲートを出る直前で横を向いてしまって、そのときに開けられて出負けしてしまった。道中はいい感じだったし、直線も外からいい脚を使ってくれた。先々、重賞を勝てる馬です」

 大野拓弥騎手(タイムトゥヘヴン=6着)「久々のコーナー4つでしたが、いい感じで走れていました。馬場も苦にしないし、よく頑張ってくれました」

 菅原明良騎手(ホウオウリアリティ=8着)「いこうと思ったが、1800メートルで周りが速くてあの形になってしまいました。それでも最後までよく頑張ってくれました」

 三浦皇成騎手(ラーグルフ=9着)「馬の出来、雰囲気は良かったです。返し馬から悪い馬場を気にしていました。出来が良かっただけに残念です」

 木幡巧也騎手(ボーンディスウェイ=10着)「周りが思ったより速くて位置は取れなかったけど、しっかりと脚は溜められました。もう少しパンパンの馬場でやりたかったけど、今日の競馬で出せる力は出せました」

 ミルコ・デムーロ騎手(エエヤン=13着)「ハナで自分のリズムで運べればと思っていたけど、できなかった。手応えは良かったけど、4コーナーを回って馬の気持ちが切れていた。全く反応しなかった」

 永野猛蔵騎手(テーオーシリウス=14着)「自分の形に持ち込めず、馬場にも脚をとられていました」

 横山和生騎手(レッドモンレーヴ=15着)「馬が嫌気をさしていて、気持ちが乗らないのが大きかったです。今のモンレーヴにとっては、集中力の面で1800メートルは長かったですね」

 岩田望来騎手(イルーシヴパンサー=16着)「3コーナーまでは手応えが良かったんですが、馬場が悪くなると手応えがなくなりました。心房細動かと思うほどでした。大事に至らなければいいのですが…」

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。