【中山記念】56歳大ベテランが匠の技で伏兵マテンロウスカイ導きV 競馬学校同期の盟友との絆さらに深まる

重賞初制覇を飾ったマテンロウスカイ(左)(カメラ・荒牧 徹)
重賞初制覇を飾ったマテンロウスカイ(左)(カメラ・荒牧 徹)
満面の笑みで松永幹調教師(左)と握手をかわす横山典
満面の笑みで松永幹調教師(左)と握手をかわす横山典

◆第98回中山記念・G2(2月25日、中山・芝1800メートル、稍重)

 第98回中山記念・G2(中山)は25日、横山典弘騎手(56)=美浦・フリー=の円熟の技がさえた伏兵マテンロウスカイが重賞初V。鞍上はJRA重賞の最年長勝利を56歳3日に自ら更新した。

 円熟の技がさえ渡った。マテンロウスカイは4角2番手から抜群の手応えで直線を向くと、逃げるドーブネを射程圏にとらえた。横山典の左ムチに応えて加速。楽にかわして2馬身差で押し切った。23日に56歳になったばかりの大ベテランは、自身のJRA重賞の最年長勝利記録を塗り替える今年2度目のタイトル獲得。「松永厩舎、ミキオのところでオーナーの(寺田)千代乃さんの馬でよかったです」と満面の笑みを浮かべた。

 イメージ通りだった。好発から内のドーブネをマークする形で3番手。稍重にしては速い流れでも「全然タイムは速いとは感じなく、いいリズムでした」。コースを知り尽くした鞍上のロスのないエスコートは、歴代最多を更新する中山記念6勝目につながった。

 気性が荒く、3歳秋のセントライト記念(13着)の後に去勢したモーリス産駒。騎手時代の同期に全幅の信頼を寄せる松永幹調教師は「去年の秋から(雰囲気が)すごく良くて、前走の東京新聞杯(5着)の前から『使ったら中山記念』とノリと話していた。今日の1着はスカッとしました」と最敬礼だ。

 大阪杯(3月31日、阪神)の優先出走権を手にして、初のG1挑戦も視界に入る。指揮官は「ノリと話して考えたい。阪神(ケフェウスS9着=芝2000メートル)で暴走しているのでね」と話すにとどめたが、さらに絆の深まる白星となった。(坂本 達洋)

 ◆マテンロウスカイ 父モーリス、母レッドラヴィータ(父スペシャルウィーク)。栗東・松永幹夫厩舎所属のセン5歳。北海道安平町・ノーザンファームの生産。通算17戦5勝。総獲得賞金は1億7895万1000円。重賞初勝利。馬主は寺田千代乃氏。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。