【注目馬動向】サウジC2着のウシュバテソーロは予定通り連覇目指しドバイWCへ セットアップは帰国へ

ウシュバテソーロ
ウシュバテソーロ

 2月24日(現地時間)に行われたサウジC・G1はゴール直前で差し切られ、わずか頭差及ばなかったウシュバテソーロ(牡7歳、美浦・高木登厩舎、父オルフェーヴル)は、予定通りドバイ・ワールドC(3月30日、メイダン競馬場・ダート2000メートル)へ転戦し、連覇に挑む。高木調教師は僅差の勝負を「惜しかったね」と振り返った。

 また、ダート初挑戦のサウジダービー・G3は11着に終わったセットアップ(牡3歳、美浦・鹿戸雄一厩舎、父デクラレーションオブウォー)は、鹿戸調教師が「結果次第で」としていたドバイ・UAEダービー・G2の参戦を取りやめて帰国することになった。トレーナーは「急きょ決まりました。ああいう力の要る馬場だったですしね」と語った。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。