【かきつばた記念】2番人気サンライズホークが逃げ切り交流重賞3連勝 Mデムーロ騎手「今日は本当に強かった」

サンライズホーク
サンライズホーク

◆第26回かきつばた記念・交流G3(2月29日、名古屋競馬場・ダート1500メートル=稍重)

 上半期の古馬短距離路線が整備され、今年から開催時期が2月下旬に移行。ハンデ戦から別定戦となった交流G3は12頭(JRA5、愛知6、他地区1)によって争われ、2番人気でミルコ・デムーロ騎手が騎乗したJRAのサンライズホーク(セン5歳、栗東・牧浦充徳厩舎、父リオンディーズ)が勝利。2023年のサマーチャンピオン、兵庫ゴールドトロフィーに続く交流重賞3連勝を果たした。勝ちタイムは1分32秒6。

 2着は5番人気でJRAのヘリオス(武豊騎手)、3着は4番人気で船橋のスマイルウィ(矢野貴之騎手)だった。

 ミルコ・デムーロ騎手(サンライズホーク=1着)「どんどん強くなっていますね。少し気難しい馬ですが、先頭に立っている時は止まらずに最後まで頑張ってくれます。今日は本当に強かったです。手応えがずっと良くて、一度も負けると思いませんでした。(4コーナーで)ユタカさん(武豊騎手)が外から来た時もソラを使っていて余裕があって、直線を向いたらあっと言う間にゴールでした。(今後も)この感じでいければ楽しみです」

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。