競馬界のニューヒロインになる 大江原哲元調教師の孫娘「愛馬心」で初勝利狙う 新人8騎手が今週デビュー

静かに闘志を燃やす大江原比(カメラ・荒牧 徹)
静かに闘志を燃やす大江原比(カメラ・荒牧 徹)
祖父の大江原哲元調教師(右)から激励される(カメラ・荒牧 徹)
祖父の大江原哲元調教師(右)から激励される(カメラ・荒牧 徹)

 今週デビューを迎える新人騎手8人が2月29日、東西トレセンで初々しく意気込みを語った。

 あどけない笑顔は緊張で少しこわばりながらも、新たな門出へのワクワクがあふれていた。大江原比呂はデビュー週に中山で所属する美浦・武市厩舎の3頭を含む9頭に騎乗予定。「調教で乗っている馬に乗るので楽しみですね。乗せてくださる方々に感謝の気持ちを忘れずに、大事に乗りたいです」と静かに意気込んだ。

 祖父の哲さんは元調教師、父も調教助手で、そのいとこは障害騎手の大江原圭と競馬一家ながら、幼い頃から夢見ていたわけではなかった。「もともと器械体操をやっていて、将来は体操選手になりたかったんです。乗馬を始めるときも両親に『騎手にならないんだったらやってもいいよ』って言われましたし、そもそも女性がなれると思っていませんでした」

 楽しい趣味のひとつだった馬乗りを職業として意識したのは、偉大な先駆者の存在があったからだ。「中学生の時に藤田(菜七子)さんが活躍しているのを見て、かっこいいと思いました。それで勝手に美浦の少年団に応募して、親もビックリしていましたね」と、はにかみながら振り返った。

 競馬学校を1年留年し4年かけてたどり着いたデビュー。「色々な先生に携わっていただいて卒業ができました。感謝しかないです」と、言葉にも熱がこもる。その恩に報いるためにも結果を残したい。自身の強みを聞かれ「愛馬心です!」とキッパリ。人馬一体で初勝利を狙う。(角田 晨)

◆大江原比呂騎手の騎乗馬

 【土曜中山】

1シアワセノランプ

3ココケイ

4ミヤビアストレア

6タイガードラゴン

9クリノキングボス

10ヴェノム

 【日曜中山】

5パストラーレ

6ラベンダーマカロン

7ナムラテディー

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。