【大阪杯】ソールオリエンス復権ならず7着 横山武史騎手「ポジションを取りたかったが…」

7着のソールオリエンス(カメラ・朝田 秀司)
7着のソールオリエンス(カメラ・朝田 秀司)

◆第68回大阪杯・G1(3月31日、阪神・芝2000メートル、良)

 2017年にG1昇格した古馬中距離戦は16頭立てで争われ、2番人気で横山和生騎手騎乗のベラジオオペラ(牡4歳、栗東・上村洋行厩舎、父ロードカナロア)が2番手から最後の直線で抜け出すと、迫ってきた後続をしのぎきり、押し切った。昨年のスプリングS、チャレンジCに続く重賞3勝目で、G1初制覇を飾った。昨年の日本ダービーでタイム差なし4着だったが、同世代の皐月賞馬ソールオリエンス、ダービー馬タスティエーラを直接対決で下した。勝ち時計は、1分58秒2。

 2着は3番人気のローシャムパーク(戸崎圭太騎手)、3着は11番人気のルージュエヴァイユ(菅原明良騎手)だった。

 横山武史騎手(ソールオリエンス=7着)「ブリンカーを着けたことで、いい意味でピリピリしていて競馬でのいいスパイスになった。ポジションを取りたかったが、ゲートが得意ではない。まくる形も頭に入れていましたし、したい競馬はできました」

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。