【ドバイ・ターフ】武豊「不完全燃焼」ドウデュースと三度目の正直ならず またも海外G1初制覇お預け

不完全燃焼に終わったドウデュース
不完全燃焼に終わったドウデュース

◆ドバイ・ターフ・G1(3月30日、メイダン競馬場・芝1800メートル)

 三度目の正直はならなかった。ドバイ・ターフで海外G1初制覇を狙ったドウデュースは5着。武豊は開口一番に「残念ですね。不完全燃焼です」と唇をかみしめた。

 発馬がひと息で、マークも厳しく、終始内に閉じ込められる形。残り1ハロンでやっと追い出せたが、上位2頭が既に猛スパートをかけており、懸命な追い上げも及ばなかった。鞍上は「どこかで外に出したかったけど、タイミングがなかった」と無念の表情を浮かべた。

 一昨年の凱旋門賞は本調子ではなく、19着と大敗。昨年のドバイ・シーマクラシックは左前肢ハ行で出走取消。今回は万全の態勢で挑めたが、海外ではまたも勝利をつかめなかった。それでも武豊は、実力不足ではないと強調。「本来のパフォーマンスができなかった。力を出し切れなかったので、今後巻き返したい」。悲願達成に向け、気落ちしている暇はない。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。