【桜花賞】“マジックマン”と初コンビの阪神JF2着馬 3冠牝馬2頭手掛けた“国枝マジック”で1冠目狙う 

国枝厩舎が送り込むステレンボッシュ(カメラ・岩田 大補)
国枝厩舎が送り込むステレンボッシュ(カメラ・岩田 大補)

◆第84回桜花賞・G1(4月7日、阪神競馬場・芝1600メートル)

 今週はいよいよ牝馬クラシック第1戦、第84回桜花賞(7日、阪神・芝1600メートル)。最優秀2歳牝馬のアスコリピチェーノはデビュー3連勝で制した阪神JFから直行し、史上9頭目となる無敗での桜の女王を目指す。阪神JFの2着ステレンボッシュ、3着コラソンビートまでいずれも関東馬。3頭は早くも栗東トレセン入りし、万全の調整を続けている。

 “牝馬の国枝厩舎”が今年も主役の一頭を送り込む。桜花賞は現役最多となる12頭目の参戦。国枝調教師は「そうなの? 長くやりすぎてるな(笑い)。馬主さんのおかげですよ、それだけ」とおどけつつも感謝を口にした。出走するステレンボッシュは前走の阪神JFで2着。だが、最後の直線ではなかなか進路が開かず苦しい競馬。それでも、ラスト3ハロンは勝ったアスコリピチェーノを上回る末脚を繰り出しただけに、牝馬1冠へ大いに期待を抱かせた。

 トレーナーはこれまでアパパネ、アーモンドアイという2頭の3冠牝馬を手掛けた。アパパネも桜花賞の調整は栗東へ移動して行い、結果へ結びつけた栗東滞在の草分け的な存在だ。トレーナーはその効果に関し「一番のメリットはやっぱり直前に移動するので、そのぶんメンタル面が落ち着くことじゃないかな」と説明。精神面がまだ不安定な3歳牝馬だけに、その馬にとって最善の策を講じてきた。

 ステレンボッシュも前走の阪神JFと同様、この中間は栗東での調整を選択。1週前追い切りはCWコースで厩舎の先輩ハヤヤッコの内から雨で重くなった馬場をものともせず、スムーズな脚取りで加速し4馬身先着と滞在効果を感じさせる動き。国枝師は「馬場が重いなかでも楽に動いていたよ。落ち着きがあって若馬の牝馬って感じじゃない」と賛辞を惜しまない。

 今回は“マジックマン”の異名をとるモレイラと初コンビ。「先に抜け出したりしても我慢させて、しまいまでしっかり乗ってくれると思う。あれだけ実績のあるジョッキーだからね」と名手の手腕に期待する。定年を2年後に控えた名伯楽がここで新たなタイトルを加える。(石行 佑介)

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。