【日本ダービー】タスティエーラが優勝 テン乗りのレーン騎手が勝利へ導く

日本ダービーを制したタスティエーラ(カメラ・谷口 健二)
日本ダービーを制したタスティエーラ(カメラ・谷口 健二)

◆第90回日本ダービー・G1(5月28日、東京競馬場・芝2400メートル、良)

 全てのホースマン憧れの舞台、3歳馬の頂点を決める競馬の祭典は18頭で争われ、ダミアン・レーン騎手が騎乗した4番人気のタスティエーラ(牡3歳、美浦・堀宣行厩舎、父サトノクラウン)が直線早めに抜けだして押し切った。皐月賞・G1・2着から巻き返し、報知杯弥生賞ディープインパクト記念・G2に続く重賞2勝目でG1初勝利となった。堀調教師は現役4人目で2位タイとなるダービー2勝目となった。勝ちタイムは2分25秒2。初騎乗を意味する「テン乗り」での日本ダービー制覇は69年ぶり。

 2着にはソールオリエンス(横山武史騎手)、3着にはハーツコンチェルト(松山弘平騎手)が入った。ドゥラエレーデ(坂井瑠星騎手)はスタート直後に落馬した。

 ダミアン・レーン騎手(タスティエーラ=1着)「すごく特別な勝利です。いつもサポートしてくれている堀調教師、(馬主の)キャロットの馬で勝てたのでうれしいです。速いスタートからポジションを取って、すぐに折り合いがつくのがストロングポイントです。(3年前に)堀厩舎のサリオスで2着があり、こんなに短い間隔で同じ厩舎からまたチャンスを頂いたので、結果を出せて良かったです」

日本ダービーを制したタスティエーラ(右から2頭目)((カメラ・荒牧 徹)
日本ダービーを制したタスティエーラ(右から2頭目)((カメラ・荒牧 徹)

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。