イクイノックスの種付け料は2000万円 父キタサンブラックに並ぶトップタイ 社台SS発表 

初年度の種付け料が2000万円になったイクイノックス
初年度の種付け料が2000万円になったイクイノックス

 社台スタリオンステーションは12月7日、ジャパンCを最後に現役引退と種牡馬入りを11月30日に発表したイクイノックス(牡4歳、父キタサンブラック)の2024年度の種付け料が2000万円になったことを発表した。ホームページでは「Bookfull」で、すでに満口のように大人気となっている。

 同ステーションのけい養馬では同馬の父である2000万円のキタサンブラックと並ぶトップタイ。1500万円のコントレイル、エピファネイア、スワーヴリチャード、1200万円のキズナ、ロードカナロアが続く。

 初年度の種付け料としてみると、2007年のディープインパクトと2022年のコントレイルが今までで最高の1200万円で、その金額を800万円上回る。

 また、キタサンブラックは初年度の2018年は種付け料が500万円。しかし、イクイノックスをはじめ産駒が活躍するようになった2022年に300万から500万円に上がり、2023年は1000万円に倍増。2024年はさらに倍増の2000万円となることが発表されている。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。