【全日本2歳優駿】圧勝フォーエバーヤングの藤田晋オーナー初G1制覇は”休肝日”で目撃「ダート3冠、サウジやケンタッキーもある」

取材に応じる藤田晋オーナー(カメラ・大野 英之)
取材に応じる藤田晋オーナー(カメラ・大野 英之)

◆第74回全日本2歳優駿・交流G1(12月13日、川崎競馬場・ダート1600メートル、稍重)

 来年から大きく生まれ変わる3歳ダート3冠競走も見据えた一戦は2歳馬12頭(JRA5、南関東4、他地区3)によって行われ、坂井瑠星騎手騎乗で単勝1番人気のフォーエバーヤング(牡、栗東・矢作芳人厩舎、父リアルスティール)が好位から進めると、最後の直線は後続を7馬身突き放し、優勝した。前走のJBC2歳優駿に続く重賞連勝で、2歳ダート王の座に就いた。同馬を所有するサイバーエージェント社長の藤田晋オーナーはG1初制覇となった。

全日本2歳優駿を圧勝したフォーエバーヤングと坂井瑠星騎手(カメラ・大野 英之)
全日本2歳優駿を圧勝したフォーエバーヤングと坂井瑠星騎手(カメラ・大野 英之)

 勝ち時計は1分43秒5。2着は2番人気のイーグルノワール(松山弘平騎手)、3着は7番人気のサントノーレ(服部茂史騎手)。

¥藤田晋(資料)
¥藤田晋(資料)

 藤田晋オーナー(フォーエバーヤング=1着)「ボンドガールが阪神JFに出られず引きずっていたけど、これで気が晴れました。最後の直線は気持ち良かったし、直線に入っての脚いろで勝ったと思いました。今後は矢作先生と相談はしているけど、パターンがたくさんあるのでね。ダート3冠、サウジやケンタッキーもあるので。忘年会シーズンなので入っていたら来られなかったけど、休肝日でたまたま忘年会も入ってなかったのでここに来られました」

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。