【報知杯弥生賞】ホープフルS2着シンエンペラー CWコースで鋭く80秒8―11秒6 陣営「速すぎず、遅すぎず」

シンエンペラー
シンエンペラー

◆報知杯弥生賞ディープインパクト記念・G2(3月3日、中山・芝2000メートル)1週前追い切り=2月24日、栗東トレセン

 ホープフルS2着のシンエンペラー(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎、父シユーニ)が1週前追い切りを消化した。CWコースでサンライズソレイユ(3歳1勝クラス)と併せ馬。反応良くシャープな脚さばきを見せ、約4馬身先着した。6ハロン80秒8―11秒6の好時計。担当の吉田助手は「(時計は)速すぎず、遅すぎず。動きは全然悪くなかった」とうなずいた。

 前走は直線に入ってすぐ先頭に立ったが、ゴール前で外から猛追したレガレイラに差された。同助手は「抜けるのが速かったかな。遊んで走っていた。走りきっていない」と振り返る。一方、「右回り左回り、展開、馬場は関係なく走れる」と、万能性の高さを強調。凱旋門賞馬ソットサスの全弟という良血が、まずはクラシックの前哨戦に臨む。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。