【報知杯弥生賞】無敗のダノンエアズロックが力強いフットワーク キング騎手「ハイクラスな感じがした」

Wコースで1週前追い切りを行ったダノンエアズロック(左、カメラ・荒牧 徹)
Wコースで1週前追い切りを行ったダノンエアズロック(左、カメラ・荒牧 徹)

◆第61回報知杯弥生賞ディープインパクト記念・G2(3月3日、中山・芝2000メートル)1週前追い切り=2月22日 美浦トレセン

 新馬戦、アイビーSと2連勝中のダノンエアズロック(牡3歳、美浦・堀宣行厩舎、父モーリス)は、美浦・Wコースで5ハロン64秒9―11秒1。直線でしっかり追われると、力強いフットワークで先行したサイルーン(2勝クラス)と並んでゴール板を駆け抜けた。レースにも騎乗するレイチェル・キング騎手は「品がある馬で、ハイクラスな感じがした。中山は東京と違うポイントがいくつかあるけど、この馬にとっては大丈夫だと思う。レースで騎乗するのが楽しみです」と好感触だった。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。