【阪神9R・すみれS】7番人気サンライズアースがまくり一撃でデビュー2連勝 Mデムーロ騎手「めっちゃ強かった」

ミルコ・デムーロ騎手を背に馬群を抜け出して1着でゴールするサンライズアース(左)(カメラ・岩田 大補)
ミルコ・デムーロ騎手を背に馬群を抜け出して1着でゴールするサンライズアース(左)(カメラ・岩田 大補)

 2月24日の阪神9R・すみれS・リステッド(3歳オープン、芝2200メートル=10頭立て)は向こう正面から動いた単勝7番人気のサンライズアース(牡、栗東・石坂公一厩舎、父レイデオロ)がそのまま押し切り、ホープフルSの出走取消を挟んで、デビュー2連勝を飾った。単勝1番人気だったメリオーレム(牡、栗東・友道康夫厩舎、父シュヴァルグラン)は直線で伸び切れず、3着だった。勝ち時計は2分12秒0(良)。

 ハナを切った前走から一転、道中は後方2番手からの追走。しかし、ゆったりとした流れになった向こう正面で鞍上が手綱を動かし、馬群の外から一気に押し上げる。そのまま主導権を握ると、直線でも脚いろを維持したまま、後方から差を詰めたジューンテイク(岩田望来騎手)に1馬身半差の完勝だった。

 同馬は昨年のみやこSを勝ったセラフィックコールの半弟にあたる。これで新馬からの2連勝。ミルコ・デムーロ騎手は「めっちゃ強かった。能力が高い馬。1、2コーナーでペースが思ったより流れなくて、前走も逃げて頑張ったので(行かせました)。スタミナもパワーもありますね」と評価した。今後は未定。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。