2021年JBCスプリント覇者のレッドルゼルが引退 イーストスタッドで種牡馬入りの予定

レッドルゼル(左)
レッドルゼル(左)

 2021年のJBCスプリント・交流G1など重賞3勝を挙げたレッドルゼル(牡8歳、栗東・安田隆行厩舎、父ロードカナロア)が現役を引退することを2月25日、同馬を所有する東京サラブレッドクラブが発表した。前走のフェブラリーS6着がラストランとなった。

 前走後は宮城県の山元トレセンに放牧に出されていたが、検査の結果、右前脚の種子骨じん帯周辺の腱鞘(けんしょう)が炎症していることが判明した。一部の腱(けん)は石灰化していることが確認されるなど復帰には相当な時間を要するため、引退の決断に至ったとしている。通算27戦9勝(地方、海外含む)。今後は北海道浦河町のイーストスタッドで種牡馬入りする予定。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。