【チューリップ賞展望】牡馬相手の朝日杯FSで3着に入ったタガノエルピーダが中心

チューリップ賞の登録馬。※騎手は想定
チューリップ賞の登録馬。※騎手は想定

 第31回チューリップ賞・G2が3月2日、阪神の芝1600メートルで行われる。

 キャリア2戦目、牡馬相手の朝日杯FSで3着に入ったタガノエルピーダ(牝3歳、栗東・斉藤崇史厩舎)。団野騎手は「勝ち馬のポジションも取れたと思うので、もっと勝負にいけば良かった」と振り返ったように互角以上の内容だった。牝馬限定のここはしっかり勝ち切りたい一戦だ。

 新馬、菜の花賞連勝のミラビリスマジック(牝3歳、美浦・国枝栄厩舎)。2戦を叩き、反応力も上がっており、ここも好勝負に持ち込む。

 紅梅S1着、2着のワイドラトゥール(牝3歳、栗東・藤原英昭厩舎)、セキトバイースト(牝3歳、栗東・四位洋文厩舎)、イクイノックスの妹ガルサブランカ(牝3歳、美浦・木村哲也厩舎)、新潟2歳S2着ショウナンマヌエラ(牝3歳、栗東・高野友和厩舎)、エルフィンS2着スウィープフィート(牝3歳、栗東・庄野靖志厩舎)、アルテミスS3着スティールブルー(牝3歳、美浦・宗像義忠厩舎)、シンザン記念4着ラーンザロープス(牝3歳、栗東・武幸四郎厩舎)のエントリー。(大上 賢一郎)

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。