【チューリップ賞・坂本の特注馬】国枝厩舎牝馬勢でイチ押しはミラビリスマジック 国枝調教師「センスの良さ強み」

ミラビリスマジック
ミラビリスマジック

◆第31回チューリップ賞・G2(3月2日、阪神競馬場・芝1600メートル=1~3着馬に桜花賞への優先出走権)

 ミラビリスマジック(牝3歳、美浦・国枝栄厩舎、父キズナ)に注目したい。すでに今年の3歳世代の牝馬が5頭も勝ち上がっている国枝厩舎の粒ぞろいのなかでも、かなり評価が高いと感じる。国枝調教師が「センスの良さが強み。体も少しずつしっかりしてきている。何よりも競馬(実戦)にいっていいのが一番」と、手放しでほめるほどだ。

 デビュー2連勝を飾った前走の菜の花賞は、好位5番手で行きたがるそぶりを見せても我慢しておさまり、直線は馬群をさばいて完勝。最後に進路を外に切り替えてから、もうひと伸びした走りは味な内容だった。兄姉にはマジックキャッスルやソーヴァリアントといった重賞勝ち馬の名前が並び、将来性も含めて期待したい。(坂本 達洋)

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。