【チューリップ賞・ヤマタケの特注馬】地味だが強いショウナンマヌエラ このメンバーなら地力が一枚上

ショウナンマヌエラ
ショウナンマヌエラ

◆第31回チューリップ賞・G2(3月2日、阪神競馬場・芝1600メートル=1~3着馬に桜花賞の優先出走権)

 例年、桜花賞への「王道」となるトライアルだが、今年は多くの有力馬が本番へ直行。ここも賞金900万円より上の馬は2頭しかいないが、そのうちの1頭になるショウナンマヌエラ(牝3歳、栗東・高野友和厩舎、父ジャスタウェイ)が気になっている。

 デビュー前から高野調教師の高い評価を聞いてきたが、昨年7月の新馬Vは4番人気。続く新潟2歳Sは10番人気で2着だった。あまり人気を集めていなかったのは恐らく、中間の時計が地味なことが大きいと思うが、高野厩舎は栗東・坂路で1日2本乗りが多く、時計を求めない傾向。しっかり量は乗り込んでおり、この中間も坂路で最も速い時計は55秒2だが、これで配当妙味が出るならむしろ美味しい。

 今から振り返ると新馬戦の3、4着馬は現オープン馬で2、5、6、9着馬もすでに勝ち上がっている粒ぞろいのメンバーでだった。新潟2歳Sも勝ち馬が2歳女王のアスコリピチェーノで相手が悪かったということに尽きる。強敵にもまれた経験値もメンバーの中では最も豊富で、巻き返しがあってもおかしくない。(山本 武志)

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。