【報知杯弥生賞】気性面が大人になってきたシンエンペラー 陣営「成長して欲しかった部分」

シンエンペラー
シンエンペラー

◆第61回報知杯弥生賞ディープインパクト記念・G2(3月3日、中山競馬場・芝2000メートル=1~3着馬に皐月賞の優先出走権)

 シンエンペラー(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎、父シユーニ)は新馬、京都2歳Sを連勝し、今回と同舞台だった前走のホープフルSでも2着。明らかに実績上位の存在だ。

 2月24日にCWコースで6ハロン80秒8―11秒6をマーク。全休日だった26日は馬房でおとなしくカイバを食べていた。「順調にきています。余計なことをするのが減りましたね。成長して欲しかった部分なので、いい傾向だと思います」と吉田助手。28日の最終追い切りでは、新たにコンビを組む川田将雅騎手=栗東・フリー=がコンタクトを取る予定だ。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。