【報知杯弥生賞】同舞台でオープンVの実績馬シリウスコルト 宗像調教師「1戦ごとに大きくなって成長している」

シリウスコルト
シリウスコルト

◆第61回報知杯弥生賞ディープインパクト記念・G2(3月3日、中山競馬場・芝2000メートル=1~3着馬に皐月賞の優先出走権)

 昨年9月にこの舞台でオープンの芙蓉Sを勝った実績馬のシリウスコルト(牡3歳、美浦・宗像義忠厩舎、父マクフィ)が巻き返しを期す。1週前追い切りは美浦・Wコースで三浦皇成騎手を背に古馬オープンクラスをパートナーに10馬身追走から併入と速力を披露した。宗像調教師は「少し行きたがる面があるので前半は控えたけど、出してからはスッと早かったね。気持ちの面も範疇(はんちゅう)内という感じ。感触は良かったです」と手応えを感じ取っていた。

 前走のホープフルSは中団でじっくりと脚をため、最後の直線では懸命に末脚を伸ばす見せ場十分の0秒6差6着。トレーナーは「1戦ごとに大きくなって成長しています。中山がいいのかなとも思います」と舞台適性に期待を込める。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。