古川奈穂騎手が中山牝馬SのグランスラムアスクでJRA重賞2度目の騎乗へ

古川奈穂騎手
古川奈穂騎手

 古川奈穂騎手=栗東・矢作芳人厩舎=が、中山牝馬S(3月9日、中山競馬場・芝1800メートル)でグランスラムアスク(牝5歳、栗東・矢作芳人厩舎、父ディープインパクト)に騎乗することになった。JRA重賞の騎乗は同馬で挑んだ昨夏のクイーンS(14着)以来、2度目になる。

 「前走(ダイヤモンドS9着)でも悪い競馬ではなかったけどね。早め、早めの競馬でどこまで」と矢作調教師。同騎手は昨年末に落馬事故で左鎖骨を骨折したが、先週から復帰している。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。