多くの人材を育てた今週定年引退の小桧山調教師…原優介騎手「先生がいなかったら、たぶん騎手を辞めていた」

小桧山悟調教師
小桧山悟調教師

 今週は新たにスタートを切る新人騎手がいれば、この世界を離れる調教師もいる。

 美浦トレセンで1996年に開業した小桧山悟調教師もその一人。2月26日現在、JRA通算7324戦218勝。08年スプリングSを勝ったスマイルジャックを筆頭に重賞5勝の実績を残すが、それ以上に多くの人材をサークル内に送り込んできた功績は計り知れない。

 引退を目前に控え、小桧山調教師に話をうかがうと「みんながそれぞれに努力しただけで、俺は何もしていない。そういう人材がたまたまウチにいたということ。それは縁だし、ありがたい」と謙遜した。愛弟子である2人にも話を聞いてみた。

 昨年の中山大障害をマイネルグロンで制し、G1トレーナーになった青木孝文調教師は「個々の努力と仰っているみたいだけど、騎手や調教師を目指すうえでプラスになる環境をつくってくれた。励ましの言葉を直接かけてもらったり、目に見えないところでサポートしていただいたこともあった」と振り返る。自身が同じ立場になり、改めて人を育てることの難しさを痛感。「人を一人送り出すということが、大変なことだと身にしみる。表面で人を応援するのは大したことではないけど、本当の意味で後押しするのは大変。たくさんの人を送り出してきたことは、なかなかできることじゃない。自分が調教師になれたのも先生のおかげです」と感謝する。

 原優介騎手は20年8月~23年3月まで小桧山厩舎に所属。昨年はウィルソンテソーロとのコンビでチャンピオンズC、東京大賞典で2着に好走した。「先生がいなかったら、たぶん騎手を辞めていた」という第一声に記者は驚いたが「先生と出会うまではネガティブだった性格が大きく変わった」と、メンタル面で変化があった。「レースに多く乗せてもらったことで、周囲にアピールできた。ウィルソンテソーロでG1に乗せてもらえるまで繋いでくれた」。ここまで育ててもらったという想いは強い。「先生の引退前に重賞を勝ちたかったですね」と悔しさをにじませたが、「なるべく早く重賞を勝ったことを報告できるように頑張ります」と目標を掲げる。愛弟子たちの活躍を目にする機会は、今後ますます増えていくことだろう。(浅子 祐貴)

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。