【ドバイ・ターフ】ドウデュースがCWコースで本格始動 再来週は武豊騎手が騎乗予定

ドウデュース(左、右はアドマイヤテラ)(カメラ・高橋 由二)
ドウデュース(左、右はアドマイヤテラ)(カメラ・高橋 由二)

◆ドバイ・ターフ・G1(3月30日、ドバイ・メイダン競馬場・芝1800メートル)

 昨年の有馬記念を制したドウデュース(牡5歳、栗東・友道康夫厩舎、父ハーツクライ)が帰厩後初の追い切りを行い、ドバイ・ターフに向けて本格始動した。

 CWコースでアドマイヤテラ(3歳オープン)、サトノファントム(同未勝利)を大きく追走。4角で内から差を詰め、直線では機敏な脚さばきを見せた。馬なりで6ハロン86秒8―11秒5をマークし、アドマイヤテラと併入、サトノファントムに3馬身半先着。友道調教師は「3歳馬を相手に、目標にする形。この全体時計でも折り合っていたので、そこは良くなっているのでは」とうなずいた。

 また、「3月14、15日ぐらいにジョッキー(武豊騎手)に1回乗ってもらおうと思っています」と今後の予定も明かした。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。