【報知杯弥生賞ディープインパクト記念】トロヴァトーレは順調そのもの 鹿戸調教師「馬場はもう少し乾いてほしい」

トロヴァトーレ
トロヴァトーレ

 ◆第61回報知杯弥生賞ディープインパクト記念・G2(3月3日、中山競馬場・芝2000メートル)

 新馬戦、葉牡丹賞と中山2000メートルを連勝中のトロヴァトーレ(牡3歳、美浦・鹿戸雄一厩舎、父レイデオロ)は、追い切り後も順調に調整を続けている。3月1日は美浦・坂路を64秒1―16秒0で登坂。気合乗りは十分で、現状の力は存分に出せる状態だ。鹿戸調教師も「変わらず順調にきています。ここまでいい競馬をしてくれているし、今回の相手に結果を出せれば楽しみになるね」と目を細めた。

 気になるのは当日朝に、ぱらついていた雨。「馬場はもう少し乾いてほしいね。風も強いし、晴れ予報で変わってくれないかな」と、トレーナーは馬場回復に願いを込めた。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。