【報知杯弥生賞】矢作調教師クラシックへ「負けてられないよ」凱旋門賞馬の全弟が主役譲らない

川田と初コンタクトのシンエンペラー(カメラ・高橋 由二)
川田と初コンタクトのシンエンペラー(カメラ・高橋 由二)

◆第61回報知杯弥生賞ディープインパクト記念・G2追い切り(28日・栗東トレセン)

 皐月賞トライアルの第61回報知杯弥生賞ディープインパクト記念・G2(3月3日、中山=3着まで優先出走権)の追い切りが28日、東西トレセンで行われた。ホープフルS2着のシンエンペラーは栗東・坂路で新コンビの川田を背に54秒6―11秒9。クラシック本番を見据えた始動戦でも矢作調教師は「負けてられないよ」と必勝の構え。

 力強い身のこなしで一気に駆け上がった。シンエンペラーは初コンビの川田が手綱を執り、栗東・坂路で単走。人馬が呼吸を合わせるように緩やかにスピードを上げ、ラスト1ハロンを過ぎたあたりで川田が軽く手綱を動かした。前肢を大きく前へ突き出すような走りでも、フォームのバランスは全く乱れない。俊敏な反応でスイッチが入ったことは、強めに気合を乗せる程度でラスト1ハロン11秒9の好時計が物語っていた。

 初のコンタクトを終えた川田は「とてもいい馬です」と切り出した。「まだまだ幼く、クラシックに向かうにあたって、経験が必要なタイプ。だからこその弥生賞だと思いますから、クラシックにつながる競馬ができれば」と冷静に分析。皐月賞、日本ダービーの春2冠が本番とはいえ、賞金的に余裕がある立場ながら、前哨戦から使ってきた陣営の意図は十分に理解している。

 底を見せていない。上がり33秒8の切れ味で新馬戦を快勝した後、重賞の京都2歳S、ホープフルSでも《1》〈2〉着。しかし、矢作調教師は言う。「新馬が一番いい状態だった。その後の2戦は決していい状態ではなかったんです」。今回は約1か月前に帰厩し、CWコースで4本追い切り、坂路でも60秒を切る時計を4本出すなど十分に乗り込んだ。「ホープフルSの頃より馬体の張りなんかはいい」と満足そうにうなずく。

 目標は先にある。しかし、凱旋門賞馬ソットサスの全弟という世界的良血馬で、常に結果を求められる存在であることも分かっている。「負けてられないよ。十分に力を出せそうです」とトレーナー。世代上位の力を示し、クラシックの主役へ名乗りを上げる。

(山本 武志)

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。