【報知杯弥生賞ディープインパクト記念】舞台相性いいシリウスコルトはグングン成長中 宗像調教師「体に幅が出てきた」

シリウスコルト
シリウスコルト

 ◆第61回報知杯弥生賞ディープインパクト記念・G2(3月3日、中山競馬場・芝2000メートル)

 シリウスコルト(牡3歳、美浦・宗像義忠厩舎、父マクフィ)は3月1日、美浦・坂路を64秒9―16秒2で登坂。軽やかなステップで仕上がりの良さを感じさせた。1戦ごとに体重を増やしているが、馬体に緩さはなく身が入った印象だ。宗像調教師も「1戦ごとに大きくなって、体に幅が出てきている。成長してますよ」と胸を張った。

 中山2000メートルでは2戦前の芙蓉Sで2着に2馬身差をつける強い勝ち方を見せており、舞台適性に不安はない。トレーナーは「中山はいいのかなと思います。少しかかる面もあるけど、気持ちも範疇内だし頑張ってほしいね」と気合を入れ直した。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。