香港G1馬ビクターザウィナーが高松宮記念に参戦 外国馬は18年ブリザード以来6年ぶり

 3月24日に中京競馬場で行われる高松宮記念(G1・芝1200メートル)に予備登録を行っていたビクターザウィナー(セン6歳、香港・C・シャム厩舎、父トロナード)が来日することになった。3月1日、JRAが発表した。12日に来日し、成田国際空港から千葉県白井市の競馬学校へ移動して検疫に入る。

 ビクターザウィナーは昨年11月のジョッキークラブスプリント(G2)で、香港最強スプリンターのラッキースワイネスの首差2着。続く香港スプリント(G1)では4着に敗れたが、日本のジャスパークローネ(7着)、マッドクール(8着)に先着した。今年2戦目となった1月のセンテナリースプリントカップ(G1)で38倍の人気薄ながら勝利し、重賞初勝利をG1で飾った。

 なお、外国馬の高松宮記念参戦は18年ブリザード(香港・5着)以来。香港のA級スプリンターが中京でどんな走りを見せるか注目だ。

 他に予備登録のあったアナフ(イギリス)、マチルダピコット(アイルランド)の2頭は高松宮記念への出走を辞退した。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。