【注目馬動向】メイケイエールは次走の高松宮記念がラストラン 池添謙一騎手「悔いのないレースをしたい」

2022年セントウルSで重賞6勝目をマークしたメイケイエール(右端)
2022年セントウルSで重賞6勝目をマークしたメイケイエール(右端)

 G1は未勝利ながら写真集や公式ファンブックが発行されるなど、人気の高いメイケイエール(牝6歳、栗東・武英智厩舎、父ミッキーアイル)は、次走の高松宮記念(3月24日、中京)がラストランになることが2月20日、分かった。その後は繁殖生活に入る。

 武英調教師は「オーナーサイドとの話し合いで、高松宮記念での引退が決まりました。最後まで彼女を信じて、しっかり仕上げてレースに向かいます」と説明した。

 前走の京都牝馬Sはゲートで突進して出遅れたのが響き10着に敗れたが、ここまで重賞を6勝。厩舎の看板として2歳時から長く活躍してきた。トレーナーは「最後なので目いっぱい走ってもらいたい。厩舎的にも(フェブラリーSをペプチドナイルで勝って)いい流れですし、もう一回、頑張ってもらいます」と力を込めた。

 デビューから19戦のうち、11戦でコンビを組んできた池添謙一騎手は「あれほどコントロールの難しい馬は、なかなかいないと思います。ただ、そういう面も人気のある要因の一つかなと感じます。ブリーダーズCでアメリカにも連れて行ってくれましたし、G1を取れるポテンシャルを持っている馬。(高松宮記念では)悔いのないレースをしたいです」と話した。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。