【チューリップ賞】セキトバイーストはエルフィンS回避の影響なし 四位調教師「世代で力上位。何とか権利を」

セキトバイースト
セキトバイースト

 ◆第31回チューリップ賞・G2(3月2日、阪神競馬場・芝1600メートル)=3月1日、栗東トレセン

 1月13日の紅梅S・リステッドで2着の後、エルフィンS・リステッド(2月3日、京都・芝1600メートル)を発熱で回避したセキトバイースト(牝3歳、栗東・四位洋文厩舎、父デクラレーションオブウォー)。レース前日は坂路を65秒9―14秒0と、しまいを伸ばした。

 四位調教師は「いい感じの仕上がり。今朝の雰囲気も良かった。世代で力上位だし、ヒケはとらないと思う。何とか権利を」と声に力を込めた。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。