【報知杯FR】重賞勝ちの距離でカルチャーデイが反撃 四位調教師「1400メートルになるのはいい」

カルチャーデイ
カルチャーデイ

◆第58回報知杯フィリーズレビュー・G2(3月10日、阪神・芝1400メートル=3着馬まで桜花賞の優先出走権)=栗東トレセン

 昨年のファンタジーSを制したカルチャーデイ(牝3歳、栗東・四位洋文厩舎、父ファインニードル)は28日の1週前追い切りでは、坂路で52秒3―12秒2でいっぱいに追われた。小柄な馬だけに、びっしり追えた点は好感が持てる。

 四位調教師は「21日の追い切りからジョッキーに乗ってもらっている。その時の動きもすごく良かったし、ジョッキーも『一段良くなっている』と言ってくれている。1400メートルになるのはいいね」と確かな手応えをもっている。前走の阪神JFは16着だったが、重賞を勝った距離に戻る今回は巻き返しがありそうだ。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。